保健師採用ナビ【※保健師転職の情報サイト】

今の職場に不満のある保健師の方は転職エージェントを利用しよう

保健師採用ランキングのご訪問ありがとうございます。 当サイトでは、転職を検討している保健師の方に、保健師採用の総合情報サイトをランキング形式でご紹介しています! 最新情報を踏まえて人気No.1転職サービスサイトを決定していますのでお気軽にご利用下さい。

当サイトでは転職大手リクルート系グループ企業が運営するナースフルが1位を獲得中です。長年にわたり人材サービスビジネスを展開してきた実績とノウハウを持つ適職探しのプロがあなたの転職を成功に導きます。まずは1分で登録できますので是非お試し下さい。

保健師採用総合情報サイトランキング!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
ナースフル 無料 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナースフルは、就職、転職、派遣からバイトまで幅広い人材紹介サービスと就職情報サイトを
 運営する大手、リクルートグループが運営している看護系の転職支援サイトで人気1位です。
長年にわたって人材サービスを展開してきた実績とノウハウを持つ適職探しのプロ!
■特に首都圏、関西圏、東海圏エリアを網羅した情報量の充実度、信頼のおけるサービスは
 やはり大手ゆえの安心感があります。地方エリアでもお好みの病院に直接アプローチも可能!
■ナースフルを利用した90%以上の人が「転職をして良かった」と支持している点も◎!
■納得の転職先を提供するため求人内容の質にこだわり、離職率の高い案件は紹介しません!
■まずは1分で完了する初回登録を行えば具体的な転職先の情報を見れるようになります!


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■マイナビ看護師は、就職や転職を考える看護師・保健師・助産師など医療従事者向けのサイト!
■日本全国の医療関係求人を網羅しており、求人案件数は業界トップクラスで評価高い!
■医療関係でも強いネットワーク力や豊富な求人情報を活かして最適な職場探しをサポート!
■会員限定の非公開求人・稀少求人が充実していている点は他のサイトと比べてメリット有。
■働きたいエリアや都道府県を指定できるだけでなく、お給料やボーナス、夜勤のない職場、
 託児所の有無、通勤の利便性など細かい勤務条件を設定して職場を探すことができる点も◎!
「マイナビ看護師を使って年収が3割アップした」「マイナビ看護師で夜勤無しになった」
 「マイナビ看護師のコンサルタントの人に悩みを相談して前向きになれた」
など評価◎です。


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■看護rooは看護師・保健師・助産師など医療の仕事に従事したい方向けの転職紹介サービス
■厚生労働省認可、30年以上のキャリアを持つ(株)クイックはJASDAQ上場企業で安心感◎!
■看護rooを利用して転職をした実に96%以上の人が転職に納得と満足をしている点も評価高い。
■さらに職場の人間関係、給与の実態、離職率など職場環境など具体的な状況をリサーチし、
 内部情報の提供があるので、転職後のギャップリスクを感じる人が少ない点も人気の理由。
■転職時の条件交渉や調整など手間や面倒なことも全て専任のコンサルタントにまかせてOK!
 (気になる求人は好きなだけ応募することができ、逆に興味のない案件はどんどん断れます)
■求人案件数は医療転職業界でも多い方に分類される常時15,000件以上を安定的に保持!


>>>公式申し込みページへ進む

ナースエージェント 無料 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナースエージェントは医療従事者向けの保健師適職紹介サービスです。
全国に約10万件の登録の最大ネットワークを有し、全国47都道府県にサービスを提供。
■全国区ネットワークなので様々なライフスタイルにあわせたサポートが充実している点も◎。
「逆指名制度」にも積極的に対応しているのでお好きな病院を指名して転職先を決められます。
■専任サポーターが付いて求人紹介、業界動向の情報収集、求人先との面接設定を行います!
■自分らしく働ける職場を探している方、自分のペースで探したいに方にはオススメ!
■保健師の需要や業界動向に精通し転職ノウハウを持ったコンサルタントも評価のポイント!


>>>公式申し込みページへ進む

保健師にとってよい職場とは?転職で採用されるポイントは?

保健師の転職を考える上でまずどういう職場で働くことが多いかを見てみると 保健師の80パーセントは保健所や保健センターなど行政関連の職場に就いています。つまり公務員の立場で働いているわけです。その点では看護師などに比べるとかなり恵まれた環境にあり、安定した職場で働いているといえるでしょう。 ただ、公務員としての安定した雇用環境が必ずしもよい職場環境とはいえない面もあります。せっかく保健師の資格を取得したのに思うようにスキルや知識を活かせない、あるいはやりがいを感じられない、そんな環境で働いている人も多いようです。では保健師にとって良い職場とはどのようなものなのでしょうか。

やはりやりたいと思っている業務ができるかどうかが最大のポイントとなるでしょう。なぜなら行政機関の場合、専門的な業務よりも施設を運営するための業務を幅広く担当することが多いからです。担当地区の健康教育や精神保健、母子保健など、保健師の資格が求められる業務をほぼ全面的に担うことになります。それはそれでやりがいのある環境ではありますが、利用者ひとりひとりと密接に関わる機会は少なく、「薄く広く」といった印象を日々の仕事の中で抱くことも多いようです。

という意味で精神保健に携わりたい、母子保健に深く関わりたいなど明確な目的を持っている人は、民間の就職先の方が適しているでしょう。たとえば産業保健師ならメンタルヘルスに関する業務が非常に重要になってきますし、医療機関なら母子保健や子供の健康教育を担う機会が多くなります。近年になって民間からの保健師のニーズが高まっている傾向もあるだけに、この点はもっとも重要なポイントとなるでしょう。

公務員として働く場合、モチベーションを維持できる環境かどうかもポイントです。業務内容が社会のニーズからかけ離れてしまっているケースも少なくないからです。また、保守的な体質もあるため、以前から続けてきた仕事が必要なくなってもやめるようなことはせず、ズルズルと続けることも多く余計な仕事に時間と手間をとらされてしまうことも。その結果本当に必要な仕事に時間を使えなかったり、残業続きの日々に陥るケースも考えられます。職場全体が向上心を持ち、つねに利用者のニーズに応えられるような環境が保健師にとっても良い職場の条件となるはずです。

あとは待遇です。看護師ほどではありませんが慢性的な疲労に悩まされるような環境は避けたいもの。この点は民間よりも公務員の方が恵まれている傾向が見られます。夜勤があるか、有給休暇がどの程度あるか、福利厚生をどの程度利用できるかといった点にも目を向けた上で判断したいところです。保健師の職場は公務員だけでなく他にも多岐にわたりますがナースフルなどの保健師採用サイトに登録してまずは最新データを閲覧してみましょう。

保健師が転職するなら転職エージェントも1つの手!

病気予防・健康のスペシャリストである保健師の活躍の場は多様化しており、保健活動や求められる仕事も業種業態が同じでも就職先によって大きく異なるのが特徴です。 保健師は、一般的に市区町村や保健所に勤務し行政サービスの一環として保健活動を担う保健師、企業や事業所に勤務し社員の健康を守る産業保健師、保健室の先生として学校保健や児童の相談役となる学校保健師に分類されますが、病院に勤務する保健師、社会が抱える問題に応じて最近では児童相談所、社会福祉施設、老人ホームなどにも保健師が配置されるようになりました。またライフスタイルに合わせて在宅保健師、臨時保健師、健診センターでパート、イベント救護室でアルバイトなど限られた時間の中で資格を活かして柔軟に働く保健師も多くいます。

単なる求人数の多い少ないではなくこのように保健師として勤務する職場の選択肢が多く、柔軟な働き方にマッチする求人が多いのは人口が多い首都圏や地方の大都市になります。人口減少、過疎化が進展する地域では保健所、学校、病院など基本的な公共機関か人口が減っても高齢化は日本全土で進行しているため、地域包括支援センターや老人ホームなど介護的要素が強い分野での求人が多い傾向にあります。

 保健師の就職と言うと募集人数が少ない…、狭き門・・・、経験者がないと雇ってくれない・・・、など就職しにくいイメージがあります。特別健康診査の制定や市区町村における地域包括センター設置により保健師の需要は増す傾向にあります。 平成20年には健康保険法により制定された特定健康診査・特定保健指導では、各市区町村において40歳以上の人におけるメタボリックシンドロームに着目した健診の実施導入が義務化になりました。この診査・指導の目的は心疾患や脳血管疾患など、命に関わる疾患の多くが生活習慣病に起因していることから、メタボ予備軍を軽減しメタボ患者に医師・保健師・栄養士などの専門家が介入して健康指導を行うことを目的としています。全市区町村、40歳以上の幅広い年齢に義務付けられる健診のため、保健指導業務を担う保健師のマンパワーは必須です。

保健師の需要動向があり、働く先や働き方の選択肢が増えている中、必要なものはマッチングです。就職・転職支援サービスは言わばマッチングのプロ。自分にピッタリの職場を探すには賢く支援サービスを利用して効率的に就活に励むことです!

保健師はどのようにして採用されるのか

保健師の採用方法

保健師をやっている方ならば大手企業に採用されたいと思いますよね。
では保健師はどのようにして採用されているのでしょうか? 保健師の主な採用は面接や試験などを受けてその結果であることが多いそうです。
つまりしっかりとした知識や面接などの練習を行っていなければ保健師として大手企業に採用されることは少ないと言える
でしょう。
保健師として大手企業で働くためにまず大切なことは面接などをしっかりと練習するということです。
試験などももちろんそうですが、面接はそれ以上に大切です。
どのようなことを聞かれてどのように答えればいいのか? どのようなことをやってはいけないのかなど細かなことをしっかりと覚えておくようにしましょう。

まずは職場選び

まずはどのような企業に務めたいかということも大切です。
ハローワークなどに行ってどのような職場があるのかというのをしっかりと調べておくようにしましょう。
ハローワークには多くの求人情報が揃っています。
どのような職場で給料はどのくらいなのか?待遇などはどうなっているかをしっかりと把握しておくようにしておくことも大切なのです。
ハローワークだけではなく求人情報雑誌も多くの情報が載っているので活用してみて下さい。
求人情報雑誌にはハローワークでは載っていない細かな情報が載っている場合があるのです。
このようにしっかりと自分が勤めたいと思う企業をまずはしっかりと決めるようにしましょう。

転職サイトはとても使える!

最近では企業選びなどをするときに転職サイトを使う人が増えてきました。
転職サイトと聞くと転職をするときしか使わないというイメージがありますが、そんなことはありません。
始めて就職先を探すという方でもこの転職サイトはとても使いやすいのです。
転職サイトを使うメリットとしては何と言っても求人を手軽に見つけることができるということです。
全国の求人が揃っていてその中から検索機能などを使って自分にあった求人を手軽に見つけることが出来るのです。
携帯やパソコンからアクセスできるので自宅にいながら出来るというのもメリットの一つです。
さらに、面接練習なども行ってくれることがあります。
面接などになかなか自身がない人もこういったサイトでどのようなことに気を付ければいいのか?どのようなことを答えればいいのかをしっかりと指導してくれるので面接が苦手な方でも安心です。
面接時に同行してくれることもあるのでこういったサイトで面接を練習するのも一つの手かもしれません。

保健師にとって職場選び

保健師は何が大切?

保健師になってから一番大切なことといえばなんといっても職場探しではないでしょうか? 保健師は看護師と違い、企業や地方自治体でも働くことが出来るので職場選びがしやすい職業となっています。 選ぶことが出来るということはより自分にあった職場を見つけなければいけないということです。
看護師は夜勤などがある職業ですが、保健師は夜勤がありません。 そのため給料などの待遇が少し変わってくるというのが特徴です。
病院と同じような待遇の場所で働きたいと思っている人はしっかりとした企業や地方自治体を見つけるということが大切なのです。 まずは求人探しを行いしっかりと調べて自分にあった求人を探すことがポイントです。

求人を探すには?

自分が望む求人情報を探すには調べ方というのがとても大切になってきます。 企業や地方自治体と言っても様々ありそれぞれ場所によって待遇は変わってくるのです。
そのためまずはハローワークに行って求人を探し自分にあった求人を探すというのが大切です。 ハローワークには様々な求人情報があります。
まずはそこからどのような求人情報があるのかを調べ自分にあっている求人情報を探しましょう。 ハローワークの情報だけでは足りないと感じた場合には求人情報雑誌などを使うとより効率が上がるかもしれません。
求人情報雑誌ならばハローワークでは載っていない情報などが載っていることもあるためおすすめです。 このような方法でまずは自分にあった求人を見つけてみましょう。

ネット利用もしてみる

自分の理想の職場を考えていくとハローワークや求人情報雑誌などではなかなか目的の求人が見つからないなんてこともあると思います。
そういったときにもあきらめないことが大切です。 最近ではインターネットを使って求人を探す方法が増えてきているのです。 インターネットには看護師転職サイトと呼ばれているサイトがあります。 看護師や保健師などの求人情報を扱っているサイトでパソコンや携帯から自宅にいながらでも簡単にアクセスすることができ、簡単に求人探しが出来るようになっているのです。
この看護師転職サイトは全国からの求人情報が集まっていてより自分にあった求人情報を探すことが出来るようになっています。 ハローワークでは載っていない情報も載っているのでハローワークで見つからなかった場合でも安心です。 検索機能をかければさらに自分の希望の求人を絞り込めるのでぜひ試してみてください。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 保健師採用ナビ All Rights Reserved.
[他エージェント] ナースパートナーズ おたすけ カンゴシティ メディカルカフェ ナーススタイルTV とらばーゆ FAナース DODA はたらこ WORKER 看護ジャパン 看護師プロ 看護師求人ひろば 求人ER eナース [基礎] 保健師とは なるには やりがい 学校 国家試験 仕事 通信教育 難易度 病院勤務 役割 養成所 保健師助産師看護師法 産業保健師の仕事 産業保健師の年収 [就職] アルバイト パート 公務員 短期アルバイト 時期 採用試験 残業 志望動機 独立 年収 面接 [悩み] 悩み キャリアアップ スキル ストレス 研修 人間関係 [地域別求人] 埼玉 神奈川 千葉 東京 名古屋 大阪 福岡